スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘に・・・



娘に おめでとうとの気持ちをこめて・・・


私は 最近エジソンの母を見ていて小さい頃の娘を思い出しました


とにかく 小さい頃から質問が多

く「ママ~どうして??どうしてなの??」の連発でした


幼い娘にわかるように答えるのが

当時は難しくて大変だったような気がします


小学校に入学してからは「どうしてなの??」

と聞かれると学校の先生の方が詳しいよ

と言ったり高学年になる

と「辞典で調べるかPCで調べなさい」と言ってきました


最近では 反対に教えてもらう事が多くなりました


6年間 娘が楽しく学校生活がおくれるように・・・

友達と仲良く遊んでいるのだろうか??

仲間はずれにされていないだろうか??

といつも心配していました


また、女の子は「笑顔」が一番

そして人の痛みが分かるようにと伝えてきました

子供たちのテストや写生会の絵や作品は

ファイルや衣装ケースに入れて記念に??私の宝物??として全部保存しています


娘のテストなんですが

 1枚どうしても忘れられないテストがあります


それは・・・


小2の時に 算数のテストで初めて80点をとりました。


別に80点はいい点のようなんですが・・・

娘にはかなりショックだったらしく・・・

ぐしゃぐしゃに破いて丸めて帰ってきました


私は テープでとめてシワをのばしてこの先もこんな事があるかもなぁ~

なんて簡単にしまいましたが、

ぐしゃぐしゃに破いて丸めて帰ってきたのはこの1枚だけでした。

(ちなみに息子のテストはランドセルに詰め込んでいるのでいつもぐしゃぐしゃになってます


その後、娘が「ママ~チャレンジやりたい」と言い出して

学校の授業よりも先に先にと勉強するようになったと思います

(学校の先生には先に進みすぎて授業を聞いたないといわれましたが・・・

 


また、娘が6年生の時にマラソン大会前に


「ママ~ずっと1位だとそれを維持するのは大変なんだよ


と、ポツリと言っていました。


そうなんです

ずっと1位だった娘にとっては実はプレッシャーがかかっていたんです


6年間 娘にはたくさんの思い出があります


そして 私は母としても娘をとうして成長出来たような気がします


娘は この先壁にぶつかったり傷ついたり

挫折などあるかも知れません


母として よき友達のような何でも話し合える関係で

これからも一番の理解者でありたいと思います


娘に 感謝を込めて「卒業おめでとう」と伝えたいです

スポンサーサイト

| 向日葵のように・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。