スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我慢しようと思いましたが・・・


人気ブログランキングへ


今日も ビールは我慢しようと思ったのに・・・



スーパーで 美味しそうなおつまみ発見!!



213.jpg 

川越シェフの 笑顔に負けちゃいましたw


ビールは 太るのか??


こんな記事を見付けましたが・・・



ビールを飲むと太るかどうか。
結論から言うとずばり、気をつけないと太ります。
それは、
1.ビール自体、太りやすい要素を持ったお酒である
2.ビールと相性の良い食べ物に太りやすいものが多い
という理由から。
だからといって、ビールを飲むことをあきらめる必要はありません!
 太らないための飲み方のコツがあるのです。
それを知る前にまず、ビールが太りやすいと言われる理由から見ていきましょう。

ほかのお酒と比べて、ビールのカロリーがどのくらいか知っていますか?
 商品によって差はありますが、目安としては右表のような数字となります。
お酒のカロリーは、含まれるアルコールの割合に左右されます。
アルコールは1gあたり7kcalなので、
炭水化物やたんぱく質(ともに1gあたり4kcal)よりずっと高カロリー。
基本的に、アルコール度数の高いお酒はカロリーも高くなる計算になります。

また、飲む全量がどれくらいになるのかも大きなポイント。
2時間ほどの間でビールならジョッキ5杯程度は飲む……という方はご用心
。ビールだけで1000kcalを超えてしまう計算に!
 少しずつ飲めるワインや焼酎のほうが、
トータルのカロリーが低く抑えられる場合もあるでしょう。
その性質上、「一回の飲み会あたりのカロリー」としては、
ビールがほかのお酒よりもカロリー過多になる傾向にあると言えそうです。

ビール

お酒のカロリーの目安

缶ビール1本(350ml)…約140kcal
中ジョッキビール1杯(500ml)…約210kcal
乙類焼酎1合(180ml)…約260kcal
ウイスキーシングル(30ml)…約70kcal
ワイン1杯(120ml)…約85kcal
※ 参照「五訂日本食品標準成分表2010」

また、ビールは炭酸を含む飲料の特性として、「食欲を増進させる」効果があると言われています。ビールを勢いよく飲みながら、おつまみも同じスピードでぱくぱく。これでは、たくさんのカロリーを取ってしまうことが避けられません。そして、揚げ物をはじめ、油を使った料理と相性が良いのもビールの特性。ビールのおつまみとして、ついついから揚げやフライをオーダーしてしまいがちなため、結果としておつまみ自体が高カロリーになることも多いのです。さらに、ビールは塩気とも相性が良く、味の濃いおつまみと一緒にビールを飲むとより美味しくたくさん飲めてしまい、気づけば一気にカロリーオーバーになっていた……という可能性もあります。



私・・・・結構 ご用心だ~!!



人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

| 向日葵のように・・・ホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。