スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この季節・・・


娘に昨日 「ママは どんなときに幸せだな~と思うの??」

∑o(*'o'*)o ウオオォォォォ!!

いきなり どうしたの??と感じですが・・・

「ママは 家族が健康だと幸せに感じるよ」

と答えると・・・

娘 「ママ自身が 何をしてるときにだよ・・・ ヾ(- -;) 

とさらに しつこく聞いてくる・・・

(*´―――――`)ン?? 

「ママは 日々平凡に過ごしてるときが 幸せだよ」

と答えると

娘と旦那様が・・・

ェェェ Σ(゚Д゚ノ)ノェェ,,

(¬¬) ホントカナー?????? 

と・・・疑いの視線263263

私は 「平凡」という言葉をよく使います。

それは こんな経験から使うようになりました。

話が 長くなるので・・・・こちらから↓↓

 

 

 


今から 8年前の9月末・・・

息子がまだ5ヶ月の時です。

何だか 調子が悪かった息子を一週間

近所の病院に連れて行っては

「ただの風邪ですよ」

と先生に言われ続けました。

しかし 一週間たっても一向に治る気配がなく

車で2時間先の大きな病院に連れて行きました。

そこで発見したのが

「腸重積」と言う病気で すぐに夜中に緊急手術。

外科の先生には 

「盲腸のような簡単な手術で1時間くらいで終わります」

と説明を受けました。

しかし・・・手術は3時間半もかかりました。

手術後 外科の先生から

「お母さん!!手遅れ寸前でしたよ!!」

の一言に

目の前が真っ白になりました。

それ以来・・・

私は9月になると調子が悪くなるんです。

 

 

 

手術後・・・

夫婦でみた 朝焼けはとてもキレイで

息子は 大丈夫 きっと良くなると

感じたのを今でも覚えています。

 

 

 

それから 順調に息子は快復しました。

退院後に

普通に朝が迎えられる「平凡」な日々が幸せだと

感じるように なりました。

 

 

最後まで 読んでいただきありがとうございます。

*sara*のつぶやきだと思って下さい。

 

今日も コメントは外しました(すいません)

 

スポンサーサイト

| 向日葵のように・・・ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。